援助交際でホテル代は別に支払ってもらうのは鉄則

援助交際を何度もしたことがある女子高生の場合、少しでも多くのお金を手に入れたいと考えるものです。

例えば、援助交際をするときというのは、ラブホテルに行くということが多いのですが、ラブホテル代のお金を含めて提示されたお金を払うという男性がいたりします。

女の子はホテル代は別で男性が支払うのは当たり前だといったとしても、「そんな説明は受けていない」といわれて拒否されることだってあるのです。

そうなると、3万円もらうことはできたとしても、ホテル代で5000円ほどは消えることになってしまいます。

一人であればまだしも、毎回ホテル代込になってしまうと、どんどん差額が大きくなってしまうことになります。

だから、彼女たちは事前にホテル代は別に支払ってもらうと言う事を男性に確認をしておくようにしているのです。

このようにしておかなくては、男性でホテル代をケチろうとする人は絶対に現れてしまいますからね。

仮に一回当たりホテル代に5000円必要になった場合、それが10回に及んでしまうと、自分の収入が5万円も減ることになってしまいます。

これって大きいですよね。これが20回であれば10万円、40回で20万円になるということになります。

だから、基本的にホテル代別途、そしてとぼけられないように前払いで支払ってもらうのです。